「Umbria」

Orvieto (オルヴィエート)

オルヴィエートは、紀元前7世紀頃エトルリア人によって造られ、ウンブリア地方で最も古いワインと言われている。 このワインは、凝灰岩の洞窟の中の温度の低いところで保存されたため、発酵が進まず糖分を残したままの甘いワインになっていた。今日でも、DOCにアッボッカート(薄甘口)、アマビレ(中辛口)、ドルチェ(甘口)が認められている。
産地はオルヴィエートを中心とする7つの市町村で、当地ではプロカニコ種と呼ばれるトレッビアーノ・トスカーノ種主体に、ヴエルデッロ、グレケット、マルヴアジア種などを加えて造られる辛口から甘口までの<白>。やや濃い麦藁色で上品な花の香りを含み、まろやかな味わいがある。

同地域では10年ほど前から、アリアニコ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、 サンジョヴェーゼ種などの赤ワイン用のブドウも植えられるようになり、Rosso Orvietano(ロッソ・オリヴィエターノ)としてDOCに認められている。

  • 生産量:1,500万本
  • 主生産者: Bigi(ビジ)、 Tenuta Le Velette(テヌータ・レ・ヴェレッテ)、 Antinori(アンティノリ)、 Palazzone(パラッツォーネ)、Castello della Sala (カステッロ・デッラ・サラ)

 

Colli del Trasimeno&Trasimeno (コッリ・デル・トラジメーノ&トラジメーノ)

トラジメーノ湖を囲む広大な地域。<赤>は、サンジョヴェーゼ種主体のもの、ガメイ種主体のもの、国際品種混醸造のものと多様。<白>はトレッピアーノ・トスカーノ種主体。共に若飲みタイプ。品質の巾も少なくない。

  • 生産量:160万本
  • 主生産者: Duce della Coerna(ドゥーカ・デッラ・コルニャ)、 Fanini(ファニーニ)、Castello di Magione (カステッロ・ディ・マジョーネ)

 

Lago di Corbara  (ラーゴ・ディ・コルバーラ)

コルバーラ湖北の小地域。カベルネ・ソーヴィニヨン種主体のものと、国際品種にサンジョヴェーゼ他地元種混醸のもの、それぞれ単品種のものと多様。<赤>のみ。多くは若飲みタイプだが、中には果実風味豊かな肉厚なものもある。

  • 生産量:26万本
  • 主生産者: Barberani(ベルベラーニ)、 Salviano(サルヴィアーノ)、Decugnano dei Barbi (デクニャーノ・ディ・バルビ)

 

その他のDOC

 

 ASSISI (アッシジ)
ペルージャ県アツシジ中心に造られる赤、白、ロゼ。地元種と国際品種で若飲みタイプの軽い ワインを造る。殆どが旅行者に現地で消費される。
 COLLI ALTOTIBERINI (コッリ・アルトティベリーニ)
ペルージャ地方、テーヴェレ川沿いの美しい丘陵地帯。サンジョヴェーゼ主体の赤、ロゼ。 トレッビアーノ種主体の白がある。大半は現地消費。
 COLLI AMERINI (コッリ・アメリーニ)
アメリア、ナルニ周辺の丘陵地帯。サンジョヴェーゼ主体の赤、ロゼとトレッビアーノ種主体 の白に、国際品種のワインもあって、ワインは多種多様。コスト・パフォーマンスのいいワインと評価されている。
 COLLI MARTANI (コッリ・マルターニ)
州中央部のペルージャ県マルターニの丘陵で、土着品種で造られる。赤は、サンジョヴェーゼ とトテッピアーノ、白はグレケット。ワインは個性的な若飲みタイプ。
 COLLI PERUGINI (コッリ・ペルジーニ)
ペルージャ県とテルニ県にまたがる地域で造られる。国際品種と地元種を使い多種多様なワイ ンを造る。若飲みタイプ。

back