ゲルマン民族大移動による混乱期

ゲルマンの大移動

西ローマ帝国の滅亡後、テオドリクス率いるゲルマンの東ゴート族がイタリアを支配した。この東ゴート族と東ローマ帝國(ビザンチン帝國)との「ゴート戦争」と呼ばれる戦いが、ローマの文化と文明を徹底的に破壊した。
568年、新たに大挙して侵入して来たランゴバルド族がバーヴィアを首府とする「ランゴバルド王国」を築き、ほぼ200年に渡り北イタリアを支配する。ただし、イタリア北部は支配されるものの、中南部はラヴェンナに総督府を置いた東ローマ帝国(ビザンチン)と教権を固めたローマ司教(教皇)によってかろうじて保たれ、イタリア半島は3分され形で対峙し勢力を争った。
かつてローマ帝国と一体をなしていた地中海世界の南半分は、新たに勃興したイスラム勢力の支配を度々受け、シチリア島も、イベリア半島も地中海の制海権と共に彼等の掌撞するところとなってしまう。

このような混乱した政治状況で、経済は衰退した。都市でも農村でも人口は減少し、生産は減退、風俗は野卑化した。帝国に張り巡らされたあの道路網は寸断され、競技場や劇場、浴場の跡は瓦礫の山と化し、かつては、200万の人口を擁して繁栄を誇ったローマの都も、住民は極端に減少してしまう。社会の解体はすざましく、ラテン語は各地の方言に分解し、蛮族諸語と混交して、言語的な統一は完全に崩壊する。住む地域が違えば意思を通ずることは難しくなってしまった。文字通り文明の退化であった。

ベルダン条約

ガリアに定住したフランク族がその勢力を伸張し、ガリア全土をその勢力下に治めた。775年、西欧統一を図ったそのフランク族のカール大帝(フランス・カロリング朝)によって、ランコバルト王国は滅ぼされる。
そして、カール大帝死後、孫の代の843年、西欧は3分割される。ロタール領の北部は後に、東フランクの領有することになり、これが、地理的には現在の仏・独・伊3国の原型である(ベルダン条約)。
以後、イタリアは常に東フランク(後の神聖ローマ帝国)の支配を受けることになる。神聖ローマ皇帝の権力は弱かったから、実質的には、公侯伯と言った領主の支配の下に置かれ、イタリアは無数の領地に細分された。これが、政治・経済的に地域的な小国に分立したイタリアの状態を19世紀まで続けさせる基になるのであるが、領主はそれぞれ自分の恣意を法として領民に押し付けた。大多数の農民は自由の無い貧しい生活をせざるをえなかった。

教皇の権力拡大と世俗支配

このように解体したヨーロッパにおいて、なお何らかの統一を保っていたのは、キリスト教であった。ローマ・カトリック教会は、西欧全土にその権威を保ち、教区の組織を強固なものにして行った。聖堂や修道院等の施設が各地に建てられ、ローマ教皇は地上での神の代理者として、絶対的な尊崇の対象となっただけでなく、様々な形で世俗的権力を行使していく。

ローマ教皇が聖界における神の代理者として、その権力を絶対的なものしていく中で、俗界の最高権力者としての皇帝の権力と対立する時代に入っていく。この対立抗争の中で、勃興する自治都市(コムーネ)が、時には教皇と組み、時には皇帝に組みし、自らの利益と自治の確立・拡大をなしていくのである。

link−カノッサの屈辱