ノルマン・イタリア王国の誕生と変遷

 

 

シチリア島は古来、地中海世界の人種のるつぼ、異文化の出会いの場所であった。
紀元前8世紀、ギリシャ人が植民し、この島に文明の最初の花を咲かせ、次いでカルタゴ人が渡って来た。パレルモは、カルタゴの植民市として創建された町である。
前3世紀にはローマが進出し、シシリアはローマの最も重要な属州の一つになった。
西ローマ帝国が衰亡すると、ゲルマン民族の、まずヴァンダル族、次いでゴート族が島に侵攻する。
6世紀には、東ローマ帝国(ビザンチン帝國)が反攻に出てここを奪回。パレルモに総督府を置いてビザンチン文化の西の砦とする。
しかし、9世紀に入ると、サラセン軍が怒涛のように押し寄せて、この島をイスラム文化圏の最前線基地に変えてしまった。そして、ほぼ200年に渡って居座る。
これをキリスト教世界に取り戻したのが、1061年、ヴァイキング、即ち、スカンジナウィア生まれの北フランスに定住したノルマン人の軍団である。

最初は、略奪目当ての傭兵として南イタリアにやって来たノルマン人は、1030年頃にブーリアに独立国家を建設し、ここを足がかりに南イタリアを征服して行った。
30年以上の歳月を費やしたが、シチリア全島の制圧し、半島南部と併せて当時ではヨーロッパ有数の独立国・ノルマン・イタリア王国(シチリア王国)を造り上げた。
ノルマン・イタリア王国は、官僚機構を整備、封建領主に分散していた権力を集中。
都市の自治は認めなかったが、産業貿易を振興。信仰の自由を認め、治安を確立して民心を掴んだ。12世紀半ばには、ヨーロッパで最も豊かで文化的な国となり、首都パレルモは世界で最も「国際化」された都市となった。

このノルマン・イタリア王国の成立で、イタリアは、ローマを挟んで、北の自治都市(コムーネ)群、南に集権的国家と言うその後のイタリア史の政治的枠組みが誕生したのである。

この政治状況は、イタリアでは神聖ローマ皇帝の実質的権力が及ばないことを意味している。皇帝・フリードリヒ1世(バルバロッサ−赤髭王)のように、皇帝は帝権確立を目指して、自治都市(コムーネ)群に、度々攻め込むのだが成功しなかった。
しかし、「赤髭王」は、わが子ハインリヒ6世とノルマン・イタリア王国の皇女・コンタンツァと結婚させることに成功する。 これは、後に、ノルマン・イタリア王家の男子継承者が途絶えた時、皇女・コンタンツァが王位継承者だから、ノルマン・イタリア王国を引き継ぐことになる。
このハインリッヒ6世とその子・フリードリッヒ2世のノルマン・イタリア王国の継承は、帝権の伸長を望まないローマ教皇の介入で、決してスムースなものではなかった。

赤髭王の孫にあたるフリードリッヒ2世は、教皇と対立する複雑な政治状況の中で、帝権確立を目指した中世きっての傑出した人物で、近代絶対主義の先駆者とも言われる。その宮廷は、古典古代復興の機運が、ルネッサンスに200年先駆けて最初に起こる、最も文化的で華やかなものであった。

皇帝フリードリヒ2世とその宮廷

フリードリヒ死後、南イタリアは大混乱が生じた。
1266年、皇帝と対立していた教皇・アレクサンデル4世の意を受けた仏王・ルイ3世の息子アンジュー伯・シャルルが遠征し、南イタリアを制圧する。
しかし、1288年に起きるシチリア島民の大反乱(シチリアの晩鐘)によって、シチリア島を失い、首都をナポリに移し、「ナポリ王国」として、以後2世紀にわたって、フランスのアンジュー家による南イタリアの支配が続く。
一方、シチリア本島は、この反乱に際してシチリアの貴族がアラゴン王ペドロ3世に出兵を求めたため、アラコン王家が手中に収めた。更に、1442年には、後継者のいない「ナポリ王国」の女王の養子に、アラコン王のアルフォンソ5世の縁組が成立、「ナポリ王国」の相続権をも獲得する。以後、南イタリアは総て、スペインの統治が18世紀まで続くことになる。