イタリアワイン地図

長靴の形をしたイタリアは、アルプス山脈を付け根にして地中海に張り出すヨーロッパ大陸の半島である。日本の緯度に当てはめれば、北のアルプスに接する地方は樺太南部、南のシチリア島の南端は金沢に相当する位置にある。アペニン山脈を背骨にして、北から南までは、約1,000kmに及ぶ。
山あり谷あり湖・河川ありで、気候、風土は大きく変化する。そして、その歴史も、ローマ帝国崩壊以降長い間、権力は地方に分散されていたから、同様に地域によって大きく異なる。
この多様な風土と歴史を持つ半島の総ての地域でワインが造られている。 それ故、造られるワインの種類は驚くほど多い。それがイタリア・ワインの特徴である。

イタリア・ワイン特徴づけるこの多様性は、イタリア・ワインを分かり難いものにしているのも事実で、ワイン名は、産地の地名が一般的であるが、イタリアでは、中世に品種名で呼ばれることが多かったことにもよるが、品種名であったり、歴史や物語からとったものだったりと、分かり難くさに拍車を掛けている。加えるに、個人主義的なイタリア人気質が、ワイン造りにも反映して、造り手の違いが大きく品質に影響している。従って、ワイン選択に当たっては、常に、生産者による価値判断を余儀なくされている。

とは言え、ワインをより楽しむためには、飲むことに次ぎ、情報としては、産地を知る事がどうしても必要であろう。それは、産地の気候・地形・土壌に加え、風土がワインの性格を形造ると言うこと。
言い換えれば、ワインが葡萄果実を原料とするもの故に、新鮮で健全で十分成熟した果実を迅速に摘み取り、可能な限り迅速に破し、旺盛な発酵に遅滞なく導かねばならないものであって、時間的・距離的に大きく産地に縛られる唯一のアルコール飲料だと言うことである。
従って、当WEBもイタリア・ワインを産地20州に分けて、DOC・DOCGを中心にその情報を載せている。

当Saiteについて(編集方針と参考書籍) 
Link

イタリアの葡萄栽培とワイン生産

世界一をフランスと競うワイン生産国であるイタリアは、年間4,160万hl(2011年)のワインを造り出す。ブドウ栽培農家は80万軒、ワインを造る業者は37,000軒に達すると言われている。
多彩な風土を反映し、その約7割弱が、DOCG、DOC、IGTワインである。

古代ローマ時代からの長く複雑な歴史と文化を背負い、多様で個性的なワインが生産され、現在活況を呈している。 しかし、この今日のイタリアの盛況は20世紀後半からのことである。
一部を除いてその大半は、かっては、殆ど褒められたワインは造ってはいなかった。大部分のワインは瓶詰めされず、日常消費用として国内の町々に出荷され計り売りで販売され、また、大手輸出業者の手でブレンドされて輸出されていたのである。
イタリアがフランス以上に古い葡萄栽培の歴史を持つだけに、見逃しがちな事実である。