品種

イタリアには驚く程の数の品種がある。イタリア半島の葡萄栽培の長い歴史を考えれば当然のことであろう。当Webでは、基本的に、それぞれのDOC(G)の中で、そのワインの品種については触れている。従って、ここでは、イタリアを代表する品種を赤・白それぞれ数点づつピック・アップした。

赤ワイン用品種

ネッピオーロ
Nebbiolo (ネッピオーロ)
ネッピオーロ種は、ピノ・ノワールに似て土壌と立地の好みが難しく、テロワールを極めて忠実に現す。ピエモンテ州の高貴種で長熟ワインを造るが、バローロとバルパレスコの丘陵で極みに達する。
高い酸とタンニンに溢れているから時間を掛けて完熟に持込み、渋みに負けない果実味をつける必要がある。色調はきわめて深いが変化は早い。強いバラやスミレの香りを持つ。 ピエモンテ州以外でもロンバルディア州北部、ヴァッレ・ダオスタ州で栽培されている。

ネッビオーロの名前の由来はこの種のブドウの表面にはロウ粉が多く、それが霧(ネッビア)のように見えたからとも、また、収穫の時期が遅く、霧が出始める頃に摘み取りを始めるからだとも言われている。

サンジョベーゼ
Sangiovese (サンジョヴェーゼ)
イタリアで最も広範囲に栽培されている品種だが、トスカーナが故郷。プラムの香りを持つバランスのいいワインを造るが、その範囲は新鮮なものから強く長寿なものまである。
持てる特質は濃いルビー色の骨格に優れた晩熟型だが、時に高酸のワインを生む。熟成すると酸味が弱まりエステルの香りが強くなる。キャンティの主品種。
改良品種の「グロッソ」はブルネッロ・ディ・モンタルチーノやヴィーノ・ノービレ・モンテプルチャーノなど濃密な長熟ワインを造る。
トスカーナの粘土質や石灰質の土壌が最適だが、栽培地の選り好みの少ない多産品種なので、近年カリフォルニアほか世界各地でも栽培されている。

バルベーラ
Barbera (バルベーラ)
バルベーラ種は、ピエモンテ州とロンバルディア州で多く栽培されている品種だが、起源はピエモンテのモンフェッラート。
イタリアでは、サンジョヴェーゼに次いで多く栽培されている。
栽培地によって品質が変わり、日常酒から上級酒とクラスの違ったワインを造る。軽いビター・チェリー風味のワインを造るが顕著な酸がある。収穫量を抑えた樽熟成のものは香り豊かな奥深いワインを造る。ネッピオーロとの混醸は最高。
近年、新世界でも栽培されている。

ドルチェット
Dolcetto (ドルチェツト)
ドルチェット種は、ピエモンテ州の重要な黒ブドウの一種。
特にランゲ地方では、ネッビオーロ種に次ぐ位置を占めている。
ピエモンテ州ではモンフエツラートを中心に、リグーリア州、ロンバルディア州でも栽培されている。起源はリグーリア州に近いオルメア・アクイ。
ワインは、ルビー色が若々しく、果実の香りがあり、ベースに苦みを含みながら適度の厚みとコクをもつ。一般的には若いうちに飲まれるワインだが、造り方によっては熟成にも耐えるものもある。

アリアニコ
Aglianico (アリアニコ)
アリアニコ種は、「ギリシャ伝来のブドウ」を意味し、古代ローマ時代、ギリシャから移植された。15世紀末ナポリを支配していたアラゴン王朝時代に知られるようになった。現在、半島のアドリア海沿いのカンパーニャ地方から南の地方に植えられている。
ルビー色で独特の香りを持ち力強い長熟ワインを造る。
アリアニコ種を使ったワインで最も知られているのは、
カンパーニア州のDOCG「タウラージ」、DOC「アリアニコ・デル・タブルノ」、DOC「ファレルノ・デル・マッシコ」、バジリカータ州のDOC「アリアニコ・デル・ヴルトゥレ」。
それぞれ由緒ある歴史を持つ長熟ワインである。(詳細はそれぞれのページを参照されたし)

 

白ワイン用品種