フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州ワインMap
Ramandolo & Picolit
DOC

イタリア北部東端の州。北はオーストリアと、東はスロヴェニアと国境を接し、南はアドリア海に臨む。州都はトリエステ。トリエステはかってはオーストリア帝国の海への唯一の門戸であった。
アルプスに連なる北部山岳地帯では牧畜が盛んで、酪農製品をも多く産出する。特に、サンダニエレ産の生ハムは有名で、パルマの生ハムと並びイタリア一の品質を競っている。

この地方のワイン造りに歴史は古く、交通の要所でもあったから、古代ローマ時代から行われてきた。 北から吹き下ろす冷たいアルプスの空気と南から内陸へ吹き込む暖かいアドリア海の空気が混じりあい、白ワイン造りの好条件を作っている。意欲的・挑戦的生産者が多く、美しくよく整備された畑で造られるこの地のワインは、「フリウリスタイル」と呼ばれ、現代イタリアの「白ワインの聖地」とさえ言われ、白ワインの名声が高い。地方品種から国際品種まで、数多い品種を使い、個性を活かした高品質なものが多く、ワインの選択肢は広範囲に及ぶ。多くは北に連なるオーストラリアに出荷されている。
赤ワインも白には及ばないものの、注目すべきものが少なくない。

詳細情報は2つにページ分けした。上記地図上ないし最上部メニュー)をクリックして下さい。

*2011年、<Colli Orientali del Friuli>で、地元品種・フリウラーノ種主体で造る<辛口白>が DOCGの昇格した。表記は<Rosazzo>(ロサッツォ)>