ワイン地図・リグーリア州

リグーリア州は、フランスのコート・ダジュールからティレニア海沿いに東へ弓なり細長く伸びるイタリア北西部の州。ピエモンテ州の南に位置する。州都はイタリア最大の港ジェノヴァ。そのジェノヴァを挟んで東西に伸びる海岸の一帯は、保養地として有名。輝く宝石のような村、「Portofino‐ポルトフィーノ」はイタリアの最も高級なリゾート。俗化されていない人気の「CinqueTerre‐チンクェ・テッレ」もここにあり、世界文化遺産に指定されている。
ジェノヴァは中世以降,ヴェネツィアと地中海での商圏を争った商港で,コロンブスの生地。現在でもイタリア第一の貿易港。ジェノヴァはまた,ミラノ,トリーノと共にいわゆる工業三角地帯を形成しており,特に食品工業が盛んである。海産物も豊富で,港の周辺には魚料理を専門とするレストランが多い。

葡萄畑は、海岸沿いの斜面にあって、多くは白ワインを造るが、生産量は少ない。(DOCワインの生産は0.2%で、20州の18番目) 従って、殆どのワインは、観光地でもある地元で消費され、輸出されるワインは極めて少ない。

 

Cinque Terre   (チンクェ・テッレ)

Cinque Terre
チンクェ・テッレはペトラルカの作品にも登場し、古くからその名を知られた銘酒である。
世界遺産でもあるチンクェ・テッレの葡萄畑は、海に突き出た断崖の上にあって、 「5つの地」と呼ばれるモンテロッソ,ヴェルナッツア,コルニッリア,マナローラ,リオマッジョーレはいずれも険しい傾斜面の畑。
ボスコ種に,アルバローラ,ヴェルメンティーノ種を加えて造る。ワインは、緑色を帯びた麦藁色の<辛口白>。新鮮で、繊細な香りがある。若飲みタイプ。

  • 生産量:22万本
  • 主生産者:De Batte(デ・バッテ)、Cappellini(カッペッリーニ)、Buranco(ブランコ)
    Cantina aaaaaaproduttori di Cinque Terre(カンテーナ・プロトゥットーリ・ディ・チンクエ・テッレ)

Sciaccheta(シャツケトラ)」と呼ばれるデザートワインがある。チンクェ・テッレと同じ葡萄を半乾燥させて造る。ワインは良質だが生産量(1万本程度)が少ないから手に入りにくい。

 

Colli di Luni   (コッリ・ディ・ルーニ)

州西部のルーニ丘陵にあるこのDOCは、州をまたいでトスカーナ州のマッサ・カッラーラまで広がっている。ヴェルメンティーノ種の<白>で知られている。爽やかで、ピチピチしてフルーティーな辛口。
サンジョヴェーゼ種主体の<赤>もある。

  • 生産量:79万本
  • 主生産者:Lambruschi Ottaviano(ランブルスキ・オッタヴィアーノ)、Lunae Bosoni(ルナーエ・ボゾーニ)、La pietro del Focolare(ラ・ピエトラ・デル・フォコラーレ)、La Colombiera(ラ・コンビエーラ)

 

Rossese di Dolceacqua   (ロッセーゼ・ディ・ドルチェアクア)

州東部のこのDOCは、ドルチェアクア周辺の丘陵地帯の飛び地にある。ロッセーゼ種で造る<赤>で、明るいルビー色で、果実香豊かな風味を持つ辛口。

  • 生産量:27万本
  • 主生産者:Lupi(ルーピ)、Guglielmi(グリエルミ)、Terre Bianche(テッレ・ビアンケ)

 

 Golfo del Tigullio (ゴルフォ・デル・ティクッリオ)
ジェノヴァの南東にあるボルトフィーノとセストリ・レヴアンての間の丘陵地帯のDOC。 各種の赤と白を造る。白はピカード、ヴェルメンティーノ種主体。赤はロッセーゼ種。共に若飲みタイプ。
 Riviera ligure di Ponente (リヴィェラ・リグレ・ディ・ポネンテ)
このDOCは州西部一帯の丘陵に広範囲に広がっている。数ヶ所の地区名を名乗る事も認められている。そのため、多種類の品種で多様なワインを造っている。赤・白共に若飲みタイプ。白は辛口。ロゼもある。
 Val Polcevera (ヴァル・ポルチェーヴェラ)
ジェノヴァ周辺の丘陵で造られる赤・ロゼ・白。白はヴェルメンティーノ種主体の爽やかな辛口。若飲みタイプ。赤・ロゼはドルチェット・サンジョヴェーゼ種主体にバルベーラ種を加える。果実香豊か。
 Colline di Levanto (コッリーネ・ディ・レヴァント)  
州東部、ラ・スペーツイア県の丘陵沿いのDOC。ヴェルメンティーノにアルバローラ,ボスコを加えた白,サンジョヴェーゼ,チリエジョーロ,その他から造る赤があるが,赤はあまり知られていない。