Introduction Piemonte ピエモンテ Veneto ヴェネト Emilia-Romagna エミリア・ロマーニャ Friuli-Venezia Giulea フリウイ・ヴェネツィア・ジューリア その他北部3州 Toscana トスカーナ Unbria ウンブリア Marche マルケ その他中部3州 Campania カンパーニャ Sicilia シチリア Sardegna サルディーニャ その他南部3州 SiteMap DOC(G)ガイド ワイン事典シリーズ フランスワイン事典 ドイツワイン事典新世界ワイン事典
「Lombardia」

Garda  (ガルダ)

ガルダ湖
生産地は、Garda(ガルダ)湖周辺の広大な地域のDOCで、国際品種及び地方品種を使い、単一醸造及び混醸ものの<赤・ロゼ・白>で、ワインは多種多様。プレッシャ県の限られた地域のものは<クラッシコ>を名乗る。また、下記の2つは、単独のDOCを名乗る。

  • 生産量:290万本
  • 主生産者:La Prendina(ラ・プレンディナ)、Aurelia(アウレーリア、 Ca dei Frati(カ・ディ・フラティ)、Costaripa(コスタリパ)、Provenza(プロヴェンツァ

Garda Bresciano (ガルダ・ブレーシャーノ)

Riviera del Garda Bresciano (リヴィエラ・デル・ガルダ・ブレーシャーノ)とも標記。

産地は、ブレーシャ県ガルダ湖の西から南に掛けての丘陵地帯。この地域の畑は古く、ガルダ地域のワインのリーダー格。グロッベッロ種主体で、サンジョヴェーゼやバルベーラを混ぜて造る<赤>。濃いルビー色でスパイシーでまろやか。タンニンは中程度で飲み易い。この地方では「ギャレット」と呼ばれる<ロゼ>もある。

  • 生産量:35万本
  • 主生産者:La Prendina(ラ・プレンディナ)、Comincili(コミンチョーリ、 Costaripa(コスタリパ)

Colli Garda Mantovan (コッリ・ガルダ・マントヴァーニ)

産地は、マントヴァとガルダ湖の間の地域。メルロー、カベルネ種主体で造る<赤・ロゼ>。シャルドネ、トレッビアーノ種主体の<辛口白>がる。共に若飲みタイプ。
 

 

Lugana (ルガーナ)

産地は、ガルダ湖の南にあってヴェネト州にまたがる。湖に近い独自の気候から、まろやかな<辛口白>が生まれる。使用品種のトレッビアーノ・ディ・ルガーナは、トレッビアーノ種のこの地方独自のクローンで、アロマは少ないがアルコール度は高くなる性質を持つ。 色調は緑色を帯びた麦藁色から陽光の輝くような黄色まで。かなり優雅で個性のある辛口で、このガルダ湖周辺の中で最もしっかりとした白ワインの一つと言える。若飲みタイプ。

<スプマンテ>もあって、通常はシヤルマー法で造る。 このワインは、1950年代にヴィスコンティ・ディ・ディゼンツァーノによって世界に知られるようになった。

  • 生産量:500万本
  • 主生産者:Zenato(ゼナート)、Lamberti(ランベルティ、 Ca dei Frati(カ・ディ・フラティ)、Ottella(オッテッラ)、Provenza(プロヴェンツァ Barardi(バラルディ

 

Oltrepo Pavese  (オルトレポー・パヴェーゼ)

州南部、ポー川の南側、アペニン山脈にさしかかる丘陵地帯は、「オルトレポー・パヴェーゼ」と呼ばれ、古くからの葡萄産地で、現在この州の半分以上のワインを生産している。
19世紀初頭を境に、それまではピアモンテのワインの原料として使われていたのだが、ミラノの庶民のワインとして知られ親しまれるようになった。
ワインは使用品種も多く、<赤・白・ロゼ・スプマンテ>と多種多様の日常酒。主な品種は、赤はバルベーラとボナルダ種、白はリ-スリング・イタリコとピノ・ネロ種主体で、半分以上。 多くはステンレスタンク醸造の若飲みタイプ。
発泡性の<スプマンテ>も人気があり、ピノ・ネーロ種主体で造られ、タンク内二次発酵のものが900万本、瓶内二次発酵(Talento-タレントと呼ばれる)のものは100万本程度造られている。

Buttafuoco-ブッタフォーコ(火縄銃)」や「Sangue di Giuda-サングェ・ディ・ジュダ(ユダヤの血)」などユニークな名前を持つ赤ワインがあり、3~4年が飲み頃だが、中には長命のものもある。

  • 生産量:5,800万本
  • 主生産者:La Versa(ラ・ヴェルサ)、Le Fracce(レ・フラッチェ、 Ca di Fara(カ・ディ・ファーラ)、Monsupello(モンスペッロ)、Martilde(マルティルデ

2007年 <Oltrepo Pavese Metodo Classico (メトード・クラッシコ)> と名乗り、リグーリア州との州境の若干海抜の高い(350m)丘陵地帯のワインが、DOCGに昇格が認められた。Pino Nero種主体の古典的醸造で造られる<スプマンテー発泡酒>がリードし、<辛口白><ロゼ>も認められた。

Oltrepo Pavese

 

Moscat di Scanzo (モスカート・ディ・スカンゾ)

2009年 DOCGに昇格した。<Scanzo>とも表記される。
モスカートの亜種である土着品種のモスカート・ディ・スカンツォ種100%造られる甘口赤。
葡萄収穫後、糖度を上げるため陰干しして造られる<パッシート>。2年間の熟成を行う。
生産地は,Franciacorta(フランチャコルタ)の北、スカンツォロシャーテ市の一部に限定されている。
(地図には表示されていない)
葡萄畑の総面積は31ha程度で非常に小さい。生産良も少なく、60,000本程度(年)。

 

その他のDOC

 BOTTICINO (ボッティチーノ)
プレーシャ県のボッティチーノを中心に造られるロツソ。バルベーラ、スキアーヴァ、マルツェミーノ、サンジョヴェ-ゼ種から造られる。ロツソはリゼルヴァもある。
 CAPRIANO DEL COLLE (カプリアーノ・デル・コッレ)
プレーシャ県のカブリアーノを中心に造られる。赤はサンジョヴェーゼ マルツェミーノ種主体。白はトレツビアーノ種主体。赤はリゼルヴァもある。
 CELLATICA (チェッラティカ)
プレーシヤ県チェツラティカを中心に造られるロッソ。スキアーヴァ種、バノルベ-ラ種、マルツェミーノ種が主体。ロッソはリゼルヴァもある。ローマ時代からの古い畑を持つ地域。
 LAMBRUSCO MANTOVANO (ランプルスコ・マントヴァーノ)  
マントヴァ県の2つの地域で造られるランプルスコ。ランプルスコ種主体で辛口、中甘口の弱発泡性赤ワイン。
 SAN COLOMBANO (サン・コロンバーノ)
ミラノ県のサン・コロンバーノ中心に造られる。ロッソはクロアティーナ、バルベーラ種主体で、アーモンド香が特徴の赤ワイン。白はシャルドネ、ピノ・ネロ種主体。フリッツアンテもある。またロッソはリゼルヴァもある。
 SAN MARTINO DELLA BATTAGLIA (サン・マルチィーノ・デッラ・バッターリア)
グレーシャ県シルミオーネを中心にトカイ・フリウラーノ種から造られる白。リキュールタイプもある。
 VALCALEPIO (ヴァルカレピオ)
ベルガモ県イゼオラ湖畔、ベルガモなどを中心に造られる。メルロー、カベルネ・ソーヴィニョン種から造る赤の他 ピピノ・ビアンコ、シヤルドネ種主体の白、モスカート種から造る甘口ワインもある。赤はリゼルヴァもある。

back