Map・ヴァッレ・ダオスタ州

「アオスタの渓谷」と言う名前のこの州は、イタリア北西部の端に位置し、アルプス山脈によって、北をスイス、西をフランスと国境を接する。
スイス国境には、マッターホルン(4478m)、モンテ・ローザ(4634m)。
フランス国境にはモンブラン(4807m)を仰ぐ山岳地帯。ウインター・スポーツのメッカであると共に、夏は登山を楽しむ人で賑わう。

言語も文化もフランス的で、公用語もイタリア語とフランス語。

州都はアオスタ。州を西北から東南に横切るトーラ・バルテーア川沿いに刻まれたアオスタ渓谷の中央に位置する。このトーラ・バルテーア川沿いの国道は古代ローマ時代からイタリアとフランスを結ぶ交易路として栄えた。

葡萄畑は、このトーラ・バルテーア川沿いの渓谷の切り立った斜面の800~1200mのところにある。棚式で栽培されている。フランス系の品種とピアモンテ系品種の葡萄が栽培されていが、土着品種も多く、ワインは個性的なものが少なくない。生産量は少ないが、総体的に高水準。(DOCワインの生産は0.07%で、20州の20番目。)

Valle d'Aostaのブドウ畑

 

Valle d'Aosta   (ヴァッレ・ダオスタ)

1985年、この州のいくつかに分かれていたDOCが一つに統合されたので、このDOCは州全体をカバーする。ワインのタイプはすこぶる多い。赤ワインが90%で大半を占めている。ラベルにはイタリア語とフランス語が併用されている。
<赤-Rosso・ロゼ-Rosato>は、プティ・ルージュ種主体。ミュラー・トゥルガウ、ガメイ、ピノ等指定品種を90%以上使用すれば、その品種名を名乗ることも出来る。<白-Bianco>は、ブラン・ドゥ・モルジェ種主体。

  • 生産量:110万本
  • 主生産者:La Crotta di Vegnern(ラ・クロッタ・ディ・ヴェニェローン)、Les Cretes(レ・クレーテ)、Inst.A.Regional(インスティティュート・アグリコレ・レジョナル)

地域名を名乗る以下の7つのサブ・ゾーンがある。

Arnad-Motjovet (アルナー・モンジョヴァ)
州東南部、アナール周辺。ネッピーロ種70%以上の赤。土着品種の白。
Blanc de Mergex et la Salle (ブラン・ド・モルジェ・エ・ド・ラ・サル
北西部、モルジェ周辺。1000~1300mの標高高い畑で、土着品種で造る辛口白。
Chambave (シャンパーヴェ)
東部、シャンバーヴェ周辺。モスカート種の白と土着品種の赤
Donnas or Donnaz (ドンナス or ドンナツ)
最南東部、ドナス周辺。ネッピーロ種の赤
Enfer d'Arvier (アンフェール・ダルヴィエ)
東部、アルヴィエ周辺。プティ・ルージュ種の赤
Nus (ニュス)
州都アオスタの東、ニュス周辺。指定品種で造る赤・白
Torrette (トッレッテ)
州都アオスタ周辺。土着品種とプティ・ルージュ種混醸の赤

back