Introduction Piemonte ピエモンテ Veneto ヴェネト Emilia-Romagna エミリア・ロマーニャ Friuli-Venezia Giulea フリウイ・ヴェネツィア・ジューリア その他北部3州 Toscana トスカーナ Unbria ウンブリア Marche マルケ その他中部3州 Campania カンパーニャ Sicilia シチリア Sardegna サルディーニャ その他南部3州 SiteMap DOC(G)ガイド ワイン事典シリーズ フランスワイン事典 ドイツワイン事典新世界ワイン事典
東部
西部
南部

 

ヴェネツィア

は「水の都」、州都である。そのヴェネツィアの背後に、北は東アルプスに接し、ポー河下流左岸に拡がるのがヴェネト州。ヴェネツィアは紀元前のローマ帝国植民地が起源だが、5世紀フン族の来襲を逃れるため浅瀬に浮かぶ118の島に移り住み、異色な都を造りあげて行った。
東方貿易で栄え、活発な商業活動が発展の基である。15~16世紀には「ヴェネツィア共和国」として大発展を遂げ、地中海の海洋貿易を制すると共に、東方文化流入拠点として高度な文化を誇った地域である。美しい海岸線と歴史遺産で多くの観光客を引き付けている。

肥沃な大地と温暖な気候に恵まれ、小麦、トウモロコシを始めとする農産物に恵まれ、酪農も発達している。ワインの生産量では、ブーリア、シチーリアに次ぎ第3位だが、DOCG,DOCなどの上級ワインの生産は第1位を誇る。
シエクスピアの「ロメオとジュリエット」の舞台として有名なヴェローナは、ワイン生産地域として州の中心に位置する。ここでは、毎年春先に世界最大規模のワイン見本市が開催され、イタリアのみならず外国からも多くの専門家が訪れるようになり、この地域のワイン造りにも影響を与え、量産から品質志向になってきている。

ヴェネトのワインと言えば、何と言っても、白の「ソアーヴェ」と赤の「バルドリーノ」と「ヴァルポリチェッラ」がよく知られているが、ヴェネトのDOCワインで量的に多いのは、国際品種かその混醸ワインである。
ここでは、土着品種を使った特徴あるDOC(G)ワインをピックアップし、以下の3つにページ分けして、詳細情報は載せた。地図上ないし最上部のメニュー及び下記からも辿れます。

 

 

近年、下記はDOCからDOCGに昇格した。*(昇格年)
・<Recioto della Valpolicella> (2010年)
・<Amarone della Valpolicella> (2010年)
・<Recioto di Gambellara> カルガネガ種(2008年)
・<Valdobbiadene-Prosecco> (2009年)
・<Colli di Conegliano> (2011年)
・<Piave Malanotte> (2011年)
・<Asolo-Prosecco>  (2009年)
・<Lison> (2009年)
・<Montello Rosso> (2011年)
数は多いが、多くはDOCの中の土着品種で造られたものである。分かりやすくするため、ヴェネト州は全面的に構成を変えて更新した。

 

 

ヴェニスの商人とワイン