カンパーニア州ワインMap Taurasi & Tufo & Fiano
Falerno等カンパーニアのDOC

カンパーニア州

は、ラツィオ州の南に位置し、東はアペニン山脈、西は大きくティレニア海に開けている。ナポリが州都。古代ギリシャ人が植民して、「ネオポリス(新しい都)」と称したのがナポリと言う名の始まり。
古代から富と豊穣の地として知られ、古代ローマ人は、ここを「カンパーニア・フェリックス(幸多きカンパーニア)」と呼んでいた。豊かな土地と温暖な気候のため、古くから他民族の侵略が絶えず、何度も抗争の舞台となった。そして、その度に様々な異文化が取り込まれ、ナポリを中心に独特な文化が育まれてきた。
ナポリは世界三大美港のひとつとして知られるほか、対岸のソレント、カプリ島、さらに東方のヴェスヴイオ火山、ボンベイと共に、世界有数の観光地として多くの人々を魅きつけている。

現在、ナポリ周辺は重化学工業の拠点として発展しているが、その周辺の平野部は古くからの農業地帯で、小麦のほか、葡萄を始めとする果樹栽培が盛んに行われてきた。
ヴェスヴィオ火山の麓では、「ラクリマ・クリステイ・デル・ヴェスヴィオ」の赤・白ワインが造られる。
内陸部でも上質なワインが造られることで知られ、「グレコ・デイ・トゥーフォ」や「フィアーノ・デイ・アヴェッリーノ」は魚介類によく合う白ワインとして有名。赤ワインでは、南イタリアの最も優れたワインのひとつで、南イタリアで最初にDOCGの指定を受けた「タウラージ」がある。

Aglianico del Taburno  (アリアニコ・デル・タブルノ) は、2011年DOCGに昇格した。

 

ワインの詳細情報は、DOCGとDOCの2つにページ分けした。地図上ないし最上部メニューをクリックして下さい。

 

 

ポンペイ・・・古代ローマのボルドー