ワイン地図・シチリア島
DOCの詳細ページへのリンク 地図上に表示していないDOC情報ページへのリンク

シチリア島

は、イタリア半島の西南端、イオニア海に浮かぶ地中海最大の島である。州としてもイタリア最大の州である。緑の山や平地は少なく、岩石が露出した荒々しい山がちな地勢である。東部には島のシンボルのエトナ火山(3323m)がある。 州都は島北部の港湾都市パレルモ

紀元前8世紀ギリシャ人がこの島に植民したのに始まり、カルタゴ、ローマ、ゲルマン、ビザンチン、イスラム、ノルマン、スペインと、様々な人種と文化がこの島を舞台にして衝突し混合し、覇権を争った歴史を持つ。それ故、シチリアの歴史と文化の複雑さは、想像を絶するものがある。様々な文化が混然として残されているのはそのためである。古代ギリシャやローマの神殿が良く保存されているから観光地としても人気が高い。

典型的な地中海性気候で、夏にはサハラ砂漠からの熱風で高温になることも多いが、総体的に、気候に恵まれていたことから古くからブドウ栽培が行われ、紀元前7世紀の絵画や文献にワイン造りが記されていて、イタリアでも最も古いワイン産地である。しかし、現代に入り、組合組織により大量のワインが生産され、その大半がバルクワイン(瓶詰めではなく、ブレンド用ワイン)として売られてきた。従って、生産量ではイタリア全土で最も多い州のひとつとなっている。
近年、灌漑や冷凍設備の充実により、品質が向上し、海外に数多く輸出されるようになった。挑戦的生産者が輩出し、国際品種をも使った高品質なワイン(VdT)を送り出している。大きく変貌している、注目に値する地域である。

DOCワインの詳細情報は、別ページにし、地図に表示したDOCとその他のDOCと2つに分けた。
上部メニュー、又は地図上をクリックして下さい。

 

Palermo

 

ノルマン・イタリア王国 誕生と変遷

 

Cerasuolo di Vittoria (チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア)

島の南東ヴィットーリア周辺で生育するネーロ・ターヴォラ種(60%以上)とフラパート種(40%以上)で造る<赤>。ルビー色を帯びたチェリーレッドで、ボディーのしっかりしたワイン。ネーロ・ターヴォラ種の比率の高いものは長寿。13~15年耐えるものもある。
シチリア島の最初のDOCGで、2005年に指定された。「チェラスオーロ」はアブルッツォ地方ではロゼを意味するが、シチリアでは赤を意味する。

  • 生産量:40万本
  • Key Vintages:1998,99,2000,01,02
  • 主生産者:Cos(コス)、Buccellat(ブッチェッラート)、 Avide(アヴィデ)、 Pianeta(プラネタ)、Maggio Vini(マッジョ・ヴィーニ)、Pobbio di Bartolone(ポッジョ・ディ・バルトローネ)