「Toscana」
南部DOC

Morellino di Scansano  (モレッリーノ・ディ・スカンサーノ)

Morellino di Scansano
2006年 DOCGに昇格した。 州南部のグロセートの内陸部の丘陵のスカンサーノ地区。歴史は古いが1950年代からその設備(中央トスカーナの大手の進出による)を含めワイン造りが大きく変わった。
「モレッリーノ」と言う名のサンジョヴェーゼ種のクローンで造る<赤>。
ティレニア海に近いことによる気候の影響もあって、味わいは同類のサンジョヴェーゼのワインと大きく異なる。深いルビー色から次第にガーネット色になり、生き生きとした果実香にあふれ、暖かみのあるしっかりした調和のとれた個性ある赤ワイン。

  • 生産量:780万本
  • Key Vintages:1993,95,97,98,2000,01,02,03,04,05
  • 主生産者:Erick Banti(エリック・バンティ)、Fatt.Le Pupille(ファットリア・レ・プピッレ)、
    Moris(モリス)、Motta(モッタ)

 

Orcia (オルチャ)

モンタルチーノとモンテプルチャーノの間のオルチア渓谷のDOC。オルチャ渓谷は田園風景の美しさで有名だが、その総てが葡萄栽培に最適ではない。サンジョヴェーセ種主体の<赤>とトレッピアーノ・トスカーノ種主体の<白>がある。共に、軽やかな若飲みタイプ。

  • 生産量:340万本
  • 主生産者:Podere Forte(ポテーレ・フォルテ)、Trequanda(トレクワンダ)、,Funari(フナーリ)、 Castello de Ripa d'Orcia(カステッロ・ディ・リバ・ドルチャ)

 

Montecucco (モンテクッコ)

産地は、モンタルチーノの南のグローゼット県で、Grossetoの東、スカンサーノの北にある。<赤>は、サンジョヴェーゼ種以上で、その他の品種は40%までで造られる。<白>は、トレビアーノ主体でその他の品種は40%まで。共に、軽い若飲みタイプ。

  • 生産量:50万本
  • 主生産者:Parazzeta(パラッツェータ)、Montecuccoi(モンテクッコ)、Pasqui(パスクイ)
    Orciaverde(オルチャヴェルデ)

2011年、<Sangiovese(サンジョヴェーゼ種>90%以上で造られるワインのみDOCGに昇格した。
表記は、 < Montecucco Sangiovese

 

 Ansonica Costa dell'Argentario (アンソニカ・コスタ・デッラルジェンターリオ
グロッセート県カパルピオ周辺の辛口白(岬の南から海岸沿いにラツィオ州境まで)
 Bianco di Pitigliano (ビアンコ・ディ・ピティッリアーノ)
グロッセート県ピティリャーノの辛口白(スカンサーノからラツィオ州境まで広がる)。
 Monteregio di Massa Marittima (モンテレージョ・ディ・マッサ・マリッティマ
グローセット県・マレンマ地方とマッサ・マリッティマ周辺のワインで、赤・白・ロゼ。殆ど地元で消費される。 (モンタルチーノと海との中間)
 Parrina (パッリーナ)
グロッセート県オルベテッロの辛口白(岬の付け根に当たる
 Sovana (ソヴァーナ) 
トスカーナのソヴァーナとその周辺の赤(ラツィオとウンブリアに接する。

 

back