Carmignano
San Gimignano
Chianti
Montepulciano
Montalciano

トスカーナ

には、芸術の都・州都フィレンツェ、中世の文化都市シ工ナ、林立する塔の村サン・ジミニヤーノ、さらに、ルツカ、ピサなど、イタリアの誇る中世ルネッサンスの町が多くあり、人気の観光地である。芸術や建物と共に、なだらかな丘陵に緑濃い糸杉、淡い緑のオリ-ブの木立、その間に白色の素朴な農家の家が点在し、牧歌的で美しいその風景は、誰もが思い浮かべるイタリアの田舎のイメージそのもので、葡萄畑もそのなだらかな丘陵に広がっている。

山岳地帯が25%、丘陵地帯が67%で、気候は寒暖の差が激しい大陸的気候。しかし、海岸寄りでは夏は涼しく、冬は温暖で安定した気候に恵まれている。トスカーナは日本では最も知名度の高い州であり、ピエモンテと共に、イタリアを代表する名醸地である。
DOCGとDOCの宝庫で、その中で、「キャンティ」は、日本でも早くからその名を知られ、イタリアを代表するワインのひとつである。また、「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」、「ヴィノ・ノビレ・ディ・モンテプルチャーノ」は、ピエモンテの「バローロ」・「バルパレスコ」同様に最も早くから高品質で知られた赤ワインである。
白ワインでは、伝統のヴェルナッチャ種で造る「ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ」がある。

DOCGの詳細情報

は、地図上のDOCG名ないし、最上部のメニューをクリックして下さい。

DOC

は、数も多いので別ページに分けた。最上部のメニューをクリックして下さい。但し、DOCGと同一地域のDOCは、DOCGのページに乗せた。

Toscana DOC

 

近年、下記はDOCからDOCGに昇格した。 *(昇格年)

・<Morellino di Scansano>  (2006年)
・<Montecucco Sangiovese> (2011年)
・<Elba Aleatico Passito>  (2011年)
・<Val di Cornia Rosso> (2011年)
・<Suvereto>  (2011年)

*上記地図には表示していない。それぞれのDOCページに明記した。

 

「トスカーナワイン街道」

トスカーナの風景
トスカーナは、古いワイン産地であるが、現代イタリアワインに新風を吹き込んだ州でもある。この20年来、トスカーナの名前を有名にしたワインの代表は、一般に「スーパー・タスカン」と呼ばれるDOCの規定外で造られたワイン(IGT)である。
カルベネ・ソーヴィニヨンやメルロなどの国際品種で造るボルドースタイルの長期熟成型のワインである。
しかし、いささか過熱気味の投資と開発で、実際ラベルに 「スーパートスカーナ」と印刷をしてしまうワイナリーがあるほどだから、このワインを選ぶ際は十分な注意が必要である。

トスカーナの「ワイン街道」は、人気の観光ルートであるが、トスカーナの中心部を抜けて、フィレンツとシエナを結ぶ「キャンティジャーナル街道」と呼ばれている。
シエナのメディチ家の要塞の中にある国立ワイン展示館(Enoteca Italiano)や、丘の上にあるモンテプルチャーノやモンタルチーノの展示館・ワイン・ショップを訪ねる楽しさは言を待たないが、何と言っても、中世から幾世代に渡り磨き上げられた田園文明を彩る葡萄園を眺める楽しさは類を持たないであろう。

ルネサンス